家具を買うならお店に行く前に必ずしておくべき下準備

家具

以前にも書いたのですが、今回の販売会で同様の出来事が有りましたので、再度、書くことにしました。二日間の会期中に朝から続けて来店され、それでも購入できなかったお客様がいらっしゃいました。LD(リビングダイニング)セットをお探しで、私が接客させていただきました。
当初はダイニングテーブルとイスの組合せをご希望でしたが、多くの商品の中から私が担当していたブースでLDをご覧になり、心が決まった様でした。
「これが一番気に入りました」と私を見て、にっこり微笑まれました。
事細かにお話し、サイズの説明の前に、設置場所をお尋ねしました。
新築のマンションで間取り図もお持ちでした。
見せて下さったので、「どう置かれても、問題なさそうですね」とご返事しました。
お客様も安心したように「家内と明日一緒にもう一度来ます」と言って帰られました。
ソファの存在を私に話して下さらなかったのが、大きな問題でした。
翌日、お見えになったお客様が「寸法を測ったら入らないのです」と言うではないですか。
理由をお聞きすると「三人掛けのソファと並べたいのに僅か2センチスペースが足りないんです」
私「LDはソファを兼ねて造られていますから、ご理解いただけたと判断して、お話させていただいたのでが、申し訳ないことをしました」と謝りました。
お客様も「こちらこそ考えが固まっていなかったのがいけなかったんです」とおっしゃいました。
再度、組合せを変えてお勧めしました。
納得された後、「それではもう一度家で考えて見ます」と言ってお帰りになりました。
お店に行く前に、設置場所の形と寸法、全体の雰囲気、購入目的等々を前以て調べ、考えて置きましょう。
頭の中にイメージできなければ、折角気に入った家具に出会えても購入には至れません。
お客様に取っては、気落ちするばかりか、時間の無駄にもなってしまいます。

TOPへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧