目移りして中々決められないイス!

家具

先日の家具・インテリアプレミアムバーゲンセールでの光景です。
同質は集まるとは聞いたことが有りますが、今回の二日間は集まり過ぎの様に感じました。
皆さん共通したことは、ダイニングセットをお探しでしたが、テーブルは早々とお決めになったのですが、イスが決まらなかったのです。
テーブルとイスの組合せが自由に選べるため、100セット近く有る展示品の中ではどうしても目移りしてしまうのでしょうか?はじめに出会ったお客様は、結局閉店近くになっても2点には絞られましたが、考えあぐねていらっしゃいました。
私は一言「デザイナーはこの組合せが最も良いと思って創ったのだと思います」と申しました。
しばらく考えていましたが「そうですね、これにしましょう」と決心されました。
好みはお客様によってそれぞれ違います。
本当は我々販売員がとやかく申すのは「押し付けがましく」受け取られがちです。
それでも、商品の特徴やお買い得情報などはお伝えしなくてはなりません。
「何故この商品をお勧めするのか」理由をハッキリお伝えすることこそ販売員の仕事だと、私は常々考えて接客しています。
しかし、今回の様に長く迷わせるのは、決してお客様のためにはならず、私の怠慢でアドバイザーとは言えないのではないか?
そう考え、デザイナーの気持ちを考え、正直にお話した訳です。
来店する前にある程度のイメージは固めておいていただければ、こんなに早朝から閉店間際まで広い会場内を何度も歩き回らなくても済んだ気がします。
逆に、来店されて、早々に決められてしまうお客様もいらっしゃいます。
衝動買いに近い行動です。

TOPへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧