絵の世界に魅了された私がいた!

絵画

先日、現在企画中の家具や絵などのインテリア関係のEC(ネット)通販サイトの相談で絵画の先生を訪ねました。
昨年出展された、
東京六本木の新国立美術館で夏に行われる展覧会に今年も出展されるとのことで作品を描いておられる最中でした。

大きな展覧会で今年も受賞を期待しておられる様子でした。
このブログにご訪問くださる皆様に、是非ご覧いただきたい逸品をと考えております。
先ずは、絵画の部屋にご案内させていただこうと準備しております。
写真を撮り、ネット用に編集する中で、今まで家具の虜になってきた私ですが、インテリアとは考えさせられました。
このブログテーマは「ちょっとプレミアムな家具で、潤いとおもてなしの空間を」です。
でも、何かが足りないとずーと思っていました。
「壁に何かが足りない」そう、絵や写真が一般的ですね。
身近にいらしたのです。「その絵を描く人が」
何度も会って絵を描く姿を見ている内に「自分にも絵心が少しは有るんだ」と思う様になりました。
「壁に足りないのは絵です」
一枚の絵が気持ちを癒してくれます。
アトリエに展示して有る1枚です。

TOPへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧