チェア座面の張地

未分類

特に、ダイニングチェアの座面には水や汁等をこぼす機会が多々有ります。

従って本革等は余程高価なモノを除いては使われておりません。

一般的には、合皮かファブリック(布)です。

 

 

 

 

 

 

でも、合皮もファブリックも決して水気に適している訳では有りません。

逆に最も嫌います。ソファの所でも書いていますが、劣化を早めます。

布ではシミの原因にもなります。

実際は本革でも合皮でも布でも手間は変わりは有りません。

本革は高価で手入れが面倒です。

合皮も常に乾拭きに心掛ける必要が有ります。

綺麗に保つためにはどんな張地でも手間は同じです。

今回はペットを飼われているご家庭に朗報が有ります。

ソファやチェアの座面を爪で引っ掻くことが多々有ると思いますがこれには閉口しますよね!

新しい素材が開発されました。

高耐久性ファブリック「スクラッチフリー」です。

【椅子生地】FORESTEX 椅子張り生地

特徴

①引っ掛かりに非常に強い

②摩擦に強い

③ウオッシャブル対応

とのことです。

まだ良くは知られていないと思いますが、家具やさんに行かれる折に聞いて見ては如何ですか?

私も先日の販売会で新商品を初めて見ました。

張り替え用にDIYで入手可能みたいです。

参考までに合皮でファブリックの様な風合いの張地も出ています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧